国際デビット

国際デビットカードというタイプもあります。

まだ日本では一般化していませんが、海外では急成長している決済手段です。
VISA、マスターの国際ブランドが自らのネットワークを使ってデビットカードサービスを展開するもので、米国ではクレジットカードの取扱高に迫るくらいの増加を見せています。

国際デビットカードは、クレジットカードのインフラをそのまま使って、決済を行ないます(VISA、マスターのステッカーの貼ってある店でなら原則使えるというものです)。
取引きはオフラインですることが多く、通信回線で承認を取りには行きますが、請求については後でまとめて行なうので、代金引き落としは即時ではなく3日後ぐらいになります。この方法ですと、クレジットカードのシステムで利用できてイニシャルコストがかからない。通信費用も節約できるため加盟店の負担が少ないというメリットがあります。

日本でも2004年4月から銀行のクレジットカード直接発行が本格化しました。各行ともキャッシュカードとクレジットカードが一体化した多機能ICカードの発行を開始します。そこに国際デビットが搭載されるというオプションも当然、ありえます。銀行が本腰を入れるようになれば、日本でもデビットカードの急速な普及が期待されます。

日本でも広まって欲しいものです。
posted by にきにき at 12:29 | TrackBack(0) | クレジットカード

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。